バナー

どの合宿免許プランでも共通しているのが詰め込みスタイル

現在、日本国内で利用できる合宿免許は、プラン・コースが多岐にわたります。
自分の目的や状況にあった合宿免許が見つかりやすくなったので、一昔前と比べるとずいぶん利用しやすくなりました。

ただし、合宿免許の基本的な部分はどのプラン・コースを選んでも、また従来と比べてもあまり変わりはありません。



特別に、本来の合宿免許の特徴・利点にアレンジを加えたプラン・コースを選ぶ以外は、基本的に詰め込みスタイルが共通点になります。

カップル向けのプランが充実している合宿免許先を利用しても、一人向けのプランに申し込んでも、基本は詰め込みスタイルで合宿期間中を過ごします。
なぜどの合宿免許先を選んでも、詰め込みスタイルが基本になっているのかというと、合宿免許そのものが詰め込みスタイルを目的にして作られたものだからです。

通って免許取得を目指す通常の方法とは異なり、合宿免許では長々と時間をかけることが目的ではありません。



できるだけ必要な時間を短期間に凝縮し、早めに免許取得を目指すことが目的です。

ゆえに、どの合宿免許でも、詰め込みスタイルがベースでスケジュールが組まれています。

具体的にどんな風に詰め込まれているかというと、最初のうちは実際に運転することのほか、テキストや教室で学ぶ授業を受けることになるので、後半よりもみっちり勉強することになります。

必須の授業を徐々にクリアしていくと、その分受ける授業が少なくなるので、時間に余裕が出てきます。そのあいた時間を有効的に活用し、試験勉強をしたり、リフレッシュ時間に活用したりします。

短期間なので、詰め込みスタイルでも何とか最後までやり通すことができますし、達成したときの充実感はひとしおです。
朝が早かったり、逆に朝は遅くでも夜まで時間をかけたりする教習所もあるので、朝が苦手な人や夜はあまり目がさえない人は、詰め込みスタイルの中身だけでなく、時間帯についてもチェックしておくと安心です。